回収業者が解説する基礎知識、不用品と不要品の違いは?

回収業者が解説する基礎知識、不用品と不要品の違いは?

 

不用品と不要品は混同されやすい言葉ですが、両者には意味の違いがあります。

不用品とは用いることができないもので、壊れているものを指しています。これに対して不要品は売り手が不要だと判断をしたもので、実際はまだ使えることが多いです。

当然ながら後者のほうが価値は高いわけですが、不用品だからと言って買値がゼロとは限りません。家電製品を例にしても使用することはできなくても、分解して部品用にすることは可能です。

ただ現実的には不要品には値がついても、不用品の場合はゼロ査定になることが多いです。回収業者は出張費用をかけて家まで来てくれますが、当然ながら出張費用がかかります。

原則として売り手の負担はゼロですが、代わりに業者が負担しているわけです。クルマを出して燃料を使用し、人件費をかけて出張してくれるので、実際は1000円程度の価値があるものでも査定額がゼロになることはあります。

それでも自分で処理するより安く楽に処理できるので利用する価値はあります。特に引越しをするなら要らないものは徹底して処分するのがおすすめで、それにより引越し費用を安くできるのです。

要らないものが増えてくると片付けるのが面倒になりますし、掃除も嫌になって部屋が汚れがちになります。普段ほとんど使用しないものがあるなら、思い切って回収業者に処分してもらいましょう。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+不用品回収セットプラン」がおすすめです!
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品の処分を一緒に済ませたい
・不用品の処分を安く済ませたい
という方は、引越しと不用品回収が同時にできる生活レスキュー隊にご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

高価買取
買取り可能商品についてはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-031-919

  • 出張見積もり
    無料
  • 9時〜21
    365対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!