”処分”と”買取り”の違いを解説します!

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

家電・家具・楽器・オーディオ・カメラ・ブランド・パソコンなど家庭や職場によって様々なものが引越しや買い替えなどで不用になることがありますよね。そんな時に処分費用を支払って処分するのか、それとも買取りしてもらうかを考える方も多いのではないでしょうか?
どうせ不用品を処分するなら処分費用が掛からずにお得に処分したいものですよね。そこで今回の記事では”処分”と”買取り”のそれぞれの特徴や違い、買取に出せるものは何があるのかまで詳しく解説していきます。年末にかけての大掃除や引越しの際にお役立てたらと思います。是非参考にして下さいね。

粗大ごみに出す場合のメリット・デメリットは?

メリット

自治体に粗大ごみとして出す場合のメリットとしては、一番挙げられるのが料金が安いということ。主に回収・持ち込みの2つの処分方法があり、回収の場合は粗大ごみ処理券を自陣で購入し回収予定日に指定場所に搬出しておきます。
持ち込みの場合は清掃センターなどに自分自身で搬入して粗大ごみを処分します。基本的に持ち込みの場合の方が料金が安くなるケースが多いため粗大ごみとして捨てる場合の特徴とも言えるでしょう。

デメリット

デメリットとしては電話またはWEB予約をしてから回収までに時間がかかってしまうことです。長くて2週間また、年末など時期は回収依頼が殺到するためになかなか希望日にできず一ヶ月かかってしまうことも。引越しの際などは、事前に予約をしておく必要があります。持ち込みの場合はすぐに処分できるケースも。

また、不用品の処分で多い洗濯機や冷蔵庫などの家電リサイクル法対象品目は、処分できないということが挙げられますので処分したいものが、お住まいの自治体で捨てることができるか、一度確認してみることをオススメします。

 

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットとは?

メリット

不用品回収業者に依頼する場合のメリットとしては、自身で不用品を搬出・処分する必要がなく、手間がないのが特徴と言えます。
また、洗濯機・冷蔵庫・エアコン・テレビなどの家電も粗大ごみとして処分することができなかったものも回収業者であれば問題なく処分してくれます。不用品回収であれば処分でき、まとめて処分したい場合などはとても便利です。

デメリット

デメリットとしては、粗大ゴミで処分するよりも料金が高額になりやすいことが挙げられます。軽トラックや2トントラックなど使用するのと出張人数によって料金が変わります。
また、不当な業者によっては回収した不用品を不法投棄したり、トラブルに巻き込まれる可能性もありますので、一般廃棄物処理業の許可を得ているかなど事前に調べて確認しておくとより安心ですよ。

不用品回収業者に頼むなら一括査定がおすすめ

デメリットしてお伝えした料金について解決出来る方法が一括査定サービスを利用することがオススメできます。一括査定サイトで、一度の査定見積もりで複数の業者から相場を出してもらうことができる便利な機能もあります。大量の不用品がある場合や急いで片付けたい方などは適正相場をすぐ把握して依頼することができるため便利です。もちろん査定申し込みは無料です。また、一社に見積りするのではなく、複数の見積り依頼をして良い業者を見極めましょう。

引越し業者に引き取りしてもらうメリット・デメリットとは?

メリット

もし、引越しをする場合に不用品の引き取り・処分を一緒に依頼することができれば最も手間のかからない方法と言えます。
別で不用品だけ回収してもらうとなると業者を探す手間もありしなくてはいけない作業が増えてしまいます。
引越しとセットで不用品の処分を依頼することで料金が無料になるまたは、安くなる場合もあります。お得に出来る方法と言えます。また、引越し当日まで不用品を使用できるのも1つの特徴です。

デメリット

不用品の量によっては、想定していた引越し料金よりも高くなってしまうことも。金額には余裕を持っておくことがオススメです。

買取り業者に売却するメリット・デメリットとは?

メリット

買取りは処分費用がかからず不用品を買取りしてくれて更に現金を手に入れることができるのでもとってもお得です。また、買取りは宅配・出張での買取りに対応している業者も多くあり、手間がかからないのが特徴です。
また、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品も買取り業者に依頼すれば売却することができるので不用品をまとめて売却したい人には良い方法です。

デメリット

買取り業者に買取りしてもらうデメリットとしては、製造年数によって買取のできない製品があります。例えば、製造されたのが5年以上前の古い家電やノンブランドの家具などは、買取り価格が付けられないため断られることがあります。
また、買取り業者によって買取り価格も製品ごとに異なるので複数の業者に査定に出してみるといいかもしれません。

おすすめの処分方法をご紹介

家庭から不用品として出されることが多いものを代表的なもの”ベッド・冷蔵庫・洗濯機・・テレビ・パソコン”を例に処分するのか買取りしてもらうのかどちらがお得に処分することができるのかを解説していきます。

冷蔵庫

製造年式が5年以上前でかつ2ドア小さい冷蔵庫に関しては買取価格がつかないケースがあります。5年以内の製造年式のものは一度、査定に出してみましょう。また、状態によっては買取りしてくれるものしてくれないものがありますので査定に出す前に一度綺麗に掃除をしてくのもポイントです。

ベッド

ベッドの場合はノーブランドのものだと買取価格がつかない場合がほとんどです。また買取りできず処分費用が高くつく場合もありますので事前に確認しましょう。

洗濯機

洗濯機に関しても製造年式が新しいほうが高く買取りしてもらえることが多くあります。ドラム式洗濯機や乾燥機能付きの洗濯機も高く売ることができるので不用になった洗濯機があれば一度査定してもらいましょう。

テレビ

テレビの場合は、インチなどのサイズによって買取価格が大きく変わります。プラズマテレビや液晶テレビの他、有機ELテレビなども高価買取が可能です。特にテレビのサイズが大きければ大きいほど高値がつく傾向があります。家電に共通する部分ですが製造年式も買取価格に影響しますのでご注意を。

査定依頼をするときの必要な情報

査定をする際は何の不用品を処分するかを買取り業者側が把握する必要があるので必ず確認されるポイントを覚えておきすぐに答えることができるようにしておくとスムーズに行なえます。

  • 製品の型番の確認
  • 付属品の有無
  • 製品状態

上記の内容を伝えることで詳しい査定額を提示することができます。まyた、出張査定を行っている買取り業者もありますのでそちらの方が正確な査定額が出るといえます。

 

まとめ

処分と買取のメリット・デメリットについて紹介いたしました。これまで処分するという方法しか考えられず損をしてきた方も居られるのではありませんか?この記事を参考にして買取り業者を利用してみるという良い処分ができるのではないでしょうか。
引越し・大掃除などでまとめて売却する際も、ぜひ買取サービスを利用してみてください。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+買取りセットプラン」がおすすめです!

・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで買取り商品を使用したい
・引越しと商品買取りを一緒に済ませたい

という方は、引越しと商品買取りが同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

【買取りできない品でも回収します!】
弊社では不用品回収サービスを行っていますので、ご希望の際は、買取りができない商品・その他処分に困っている不用品をその場で回収させて頂きます。
専門サイトはこちら

 

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919