冷蔵庫を少しでも高く査定してもらう方法とは?

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

買い替えなどで今ある冷蔵庫がにな不用になったら処分を検討しなくてはいけませんが、まだ使用可能な冷蔵庫ならリサイクルショップなどに売るという方法もあります。少し値がつくのであれば買い替える際のお金の足しにしたいものですよね。では、どのように冷蔵庫をどこに売れば高く買い取ってもらえるかをご紹介します。

冷蔵庫の処分にはお金がかかる

冷蔵庫を買い替えようとすると、一般的には新しい冷蔵庫を買った電気屋さんなどにと古い冷蔵庫を撤去してもらうことがあるかと思いますが、お店によってはリサイクル料金と運搬費がかかるところがほとんどです。
リサイクル料金は家電リサイクル法によって、特定の家電を処分する時に利用者がリサイクル料金を負担することになっています。また、特定の場所へ家電を運ぶための運搬費が必要になります。

リサイクル料金はメーカーやサイズによって金額が異なり、運搬費も処分を頼んだ小売店や量販店によっても違いがあります。

お金をかけずに冷蔵庫を処分しよう

費用をかけずに処分する方法があります。まだ使える冷蔵庫や比較的新しい冷蔵庫であれば、買取利をしてくれることがあります。壊れていたり古い製品でなければ買い取ってもらうことを検討してみてはいかがでしょうか?良い値段がつけば、リサイクル料金や運搬費用がかからず、臨時収入がありとてもいい方法ではないでしょうか。

ただし、全ての業者が買取ってくれるわけでありません。家電の取り扱いがない場合は断られてしまうことも。自宅まで査定、引き取りに来てくれる業者や、自分で持ち込まなければいけないリサイクルショップなど店によって対応が異なります。

高値で買取りしてほしい

どうせ買ってもらえるのであれば、少しでも高い値がついて欲しいというのが本音ですよね。高く買ってもらうためにはいくつかのポイントがあります。まずは査定をしてもらう前にそのポイントをしっかりと押さえておきましょう。同じ冷蔵庫でも、ポイントを押さえているか押さえていないかで大きく値段が変わることがありますので参考にしてみてください。

買取価格は何で決まるのか?

買取り業者による冷蔵庫の買取価格は、メーカー・型番・使用年数・見た目や劣化の度合いによって違いがあります。当然ですが、まだ新しくてきれいな状態であれば高い値段が付く可能性が高く、逆に古い冷蔵庫や汚い冷蔵庫は買取対象にならない場合があり逆にリサイクル料金がかかってしまうことも多くあります。
買取り業者はまず最初に冷蔵庫のメーカー、型番、製造年月聞かれますので事前に確認してメモしておくとスムーズにおこなうことができます。

綺麗に掃除をしておく

冷蔵庫を高く買取りしてもらうためには、まずは外と中をきれいに掃除をしておきましょう。パッと見てきれいな状態であれば、それだけで印象が良くなります。付いている汚れがあればきれいにふき取ります。また、付属品(内部の棚や製氷用のトレー)も忘れずにきれいに掃除しておきましょう。

掃除をする時によく忘れてしまうのが、冷蔵庫の電源コンセントとコードの汚れです。ホコリがついている事が多いので、コンセントとコードのほこりもきれいに拭き取っておきましょう。取り扱い説明書もあれば査定金額もアップすることがあります。

できるだけ新しいうちに売ろう

家電は新しければ新しいほど高い値段で買取りしてもらうことができ、冷蔵庫の場合は3年以上経っている小型冷蔵庫は買取対象外とすることが多いようです。また、最高でも5年までとしそれ以降の年数が経っている場合は買取り対象外となります。新しくても、メーカーがモデルチェンジをすると値段が下がります。売りたい冷蔵庫があれば、早めに行動することが大切です。

値段が高くなる時期を狙う

リサイクルショップや買取り業者でも、冷蔵庫を高く買い取ってくれる時期があります。それは夏のはじめの気温が上がり始める時期です。冷蔵庫が故障することが多く、買い求める人が増える時期だからと言えます。故障してしまった際、予定外の出費になるため、新品よりも中古を求める人も多く、リサイクルショップには冷蔵庫を求めるお客さんが増えるからなのです。そのため、7月くらいから業者によっては通常の2倍近い値段で買取りしてくれることもあるそうです。

 春の引越しシーズン

入学、入社、転勤などで引っ越しをする方や新しく一人暮らしを始める方が多い時期です。
そのため、冷蔵庫などの大物家電の需要も増え、買取金額が高くなることが多い時期でもあります。ただ注意したいところは、反対に冷蔵庫を手放したい人も多くいるということです。

一部買取業者やリサイクルショップなどによっては、在庫が増えて買取金額が下がる場合もあります。そうならないよう、この時期に冷蔵庫を売る場合には、早めに査定をしてもらったり、買取の予約をしたりすることがおすすめです。

6月から7月にかけての夏前のシーズン

意外に思われるかもしれませんが、夏に入る前の時期も、冷蔵庫の需要が高まる時期なのです。この時期に冷蔵庫が故障したり不具合が出たりすることが多く、突然買い替えることになり、冷蔵庫を買うことにされる方が多くいます。
計画的に冷蔵庫を新しく買う予算を取り分けてきたわけではなく、突然の出費なので少しでも安く買おうと中古市場での需要が高まるというわけです。

複数の品を売る

自宅まで買取や査定に来てもらう場合、一つだけではなく複数になると買取金額を上げてくれるケースがあります。他の家電や家具、不用なものがあれば一度一緒に査定してもらうのも良いかもしれません。不用品を一度に処分できるので一石二鳥です。

奥の手で高く売る

リサイクルショップや買取り業者が買取ってもらえなかった場合は、ネットオークションに出すのも一つの方法です。出品する手間、配送の手配の手間などがかかってしまいますが、買取りしてもらうよりも高い値段がつくケースもあります。オークションに出す場合にはいかにきれいに写真撮れているか、詳しく説明が書かれているのかもとても大切ポイントです。

まとめ

冷蔵庫はきれいに掃除してリサイクルショップに売ろう

冷蔵庫は製造から3年以内できれいな状態であれば買い取り対象になる可能性が大きいです。また、7月などの夏の初めは冷蔵庫のリサイクル品の需要が急に増えるため、買取価格がアップします。手放したい冷蔵庫があれば、きれいに掃除をした上で7月頃を狙ってリサイクルショップに買い取りをお願いしましょう。

長期保証書や付属品があればそろえておく。

冷蔵庫を購入したときに、長期保証などをつけている場合は、保証書を用意しておきます。

また、冷蔵庫の付属品もあるだけそろえておきましょう。といっても、冷蔵庫の場合は付属品といってもそれほど多くありません。 製氷皿や、冷蔵庫内の棚板、冷蔵庫の下のカバーなどです。はじめ冷蔵庫を購入したときについていたものは、できるだけそろえておきましょう。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+買取りセットプラン」がおすすめです!

・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで買取り商品を使用したい
・引越しと商品買取りを一緒に済ませたい

という方は、引越しと商品買取りが同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

【買取りできない品でも回収します!】
弊社では不用品回収サービスを行っていますので、ご希望の際は、買取りができない商品・その他処分に困っている不用品をその場で回収させて頂きます。
専門サイトはこちら

 

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919