家具を売りたい方必見!高く売るコツⅡをご紹介します。

家具を高く売るためのコツ

使わない家具を少しでも高く売るには、ポイントがあります。以下のポイントを意識して買取り依頼をしましょう。
査定前の簡単なお手入れで買取り価格をアップできる可能性が高くなりますのでこれから家具を売ろうとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 掃除・メンテナンスをしておく

家具の掃除やメンテナンスをする際は、新品の状態に近づけることを目標として行います。しかし、家具の種類や素材によっても掃除するやり方は異なります。間違った掃除の仕方でしてしまうとかえって家具を傷めてしまう原因にもなります。以下を参考に適した方法で行いましょう。

革製品

汚れがある場合は、乾いた柔らかい布で拭き取りをしましょう。乾拭きで落とせない汚れなどは革製品専用の洗剤を使って水拭きし、仕上げに乾拭きします。革製品は繊細なため、相性の悪いアルコール洗剤などを使って拭いてしまうと傷めてしまう事になります。
なるべく掃除したあとは、直射日光を避けて保管しましょう。

布製品

表面のチリやホコリなどの細かいゴミは掃除機で吸い取り、汚れは薄めた中性洗剤を使って水拭きします。水気が多すぎると汚れの範囲が拡大してしまうこともあるので注意が必要です。
掃除後は風通しをよくして水気をきちんと乾燥させましょう。

■木製品

木製品は、湿気・乾燥に弱い特徴があります。ホコリやチリは柔らかい布で拭き取りをし、汚れは固く絞った雑巾で水拭きしましょう。
水拭き後は乾拭きをして水気を残さないようにすることがポイントです。
また、乾燥に弱いためヒビが発生しやすくなるので保管には注意が必要です。その他にも、水滴のついたグラスを使う際は、シミの原因にもなりやすいのでコースターを使用するように心がけましょう。

ガラス製品

チリやホコリの汚れが一番目立ちやすいのがガラス製品です。柔らかい布で定期的に乾拭きすることできれいさを保つことが可能です。
ガラス面は水分が残っている状態だと傷が入りやすくなるので、掃除後は仕上げに乾拭きしておくことが大切です。

スチール製品

スチール製品は、ホコリや指紋が付きやすい製品ですのでこまめに乾拭きしておくことが理想的です。落としにくい手垢や油性汚れなどは、固く絞った雑巾で水拭きをして、仕上げに乾拭きしておくと良いでしょう。

付属品などは揃えておく

購入時に付属していた消耗部品・替えの部品などがあれば、付属品としてまとめて準備しておくと買取り価格アップにつながります。
その他、
取扱説明書や保証書などの紙類も付属品に含まれます。購入した際についていたものは、付属品と意識して査定前にまとめて保管しておきましょう。

組立式のものはネジやパーツ類をまとめておく

組立式家具の場合、付属していたドライバーや六角、予備のネジも揃えておくことで買取り価格アップに繋がります。
そのため、組立式家具を購入した際は予備のパーツを無くさないように保管しておきましょう。

季節性のあるものは売る時期を考慮

季節性のある家具といえばコタツが想像されやすいですがそれ以外にも、特定の季節に需要が高まる家具はタイミングをみて査定に出すことで買取価格アップが期待できます。
例えば、新学期に需要が高まる子どもの学習机は、春前に買取り依頼へ出すことで高く買い取ってもらいやすいのです。
需要が高まる時期を狙って査定に出すのがポイントです。

見積もり時のポイント

見積もりに出す時は売りたい家具の種類などをできるだけ詳しく伝えることで、買取り価格に近い金額を教えてもらうことができます。
正確な買取り価格が分かれば、ほかの業者と価格を比較しやすくなるため、見積もりでは以下のポイントをチェックしておきましょう。

◉ブランド・メーカー

◉シリーズ名

製造年数

使用期間

傷や汚れの状態

付属品の有無

買取り業者を選ぶポイント

家具の掃除や付属品をまとめることは高価買取りのもっとも良い方法ではありますが、それ以外にもどの買取り業者を利用するかによっても買取り価格アップを狙うことも可能です。

買取り業者は今日本各地にあり、それぞれ業者によって得意としているジャンルが異なります。そのため注意が必要です。中古家具をより高く売るなら、下記のポイントを参考にしながら良い買取業者を探してみましょう。

家具ごとの専門店を選ぶ

家具買取をしている業者でも、ソファ買取りに力を入れているところもあればテーブル買取りに力を入れていたりと様々です。特定の物を得意とした業者の場合、それらの知識などが高く買取り実績が高いため高価買取りが期待できるでしょう。

このようなことから、少しでも高く売りたい時は家具ごとの買取り専門店を選ぶことがおすすめです。
良い専門店が見つかれば一度査定を依頼してみましょう。

キャンペーンを実施しているか

例えば、”2点以上の査定をされた方は買取り価格%アップ”など、業者独自のキャンペーンが行われている場合もあります。買取りに出したいものが複数あるのであれば、買取りキャンペーンの内容に応じて上手く活用していきましょう。

引越しをする場合は、引越し業者で買取りサービスを利用する

引越し業者が提供している買取りサービスは専門店ほどの高額査定とはならないケースもありますが、引越し代金の割引対象になることがあります。引越しと買取りを同時に行うことで作業を一つの業者でまとめてできるメリットもあり引越し料金も安くできる良い方法です。
引越しを控えており家具や家電などの処分を検討している方は、引越し業者の買取りサービスを選ぶことがオススメです。

サイトで簡単査定

家具は自身で運び出せないサイズが多くあり、査定を依頼するにしても運び出すのは一苦労。買取り価格を比較して高く売れる買取り業者を探すには、複数の業者に査定依頼することが大切ですが、よりスピーディーに手軽に買取り価格を比較するならサイトで査定を活用することがおすすめです。
査定は家具の情報を入力して送信することで、おおよその買取り価格を教えてもらえるサービスで、多くの買取り業者が独自のホームページで掲載しています。

自宅から近い買取り業者を選ぶ

買取り業者を選ぶ際は、自宅から近い業者に依頼すると良いでしょう。自宅から遠いとなると運搬などにかかる料金が発生してしまう原因があげられます。また、近場の業者であれば安心して買取り依頼ができます。
買取り業者によって異なりますが、全国対応・対応エリアが決まっている場合もあります。そのため、検索する場合は、近くの業者を探すことをオススメします。

売れなかった家具は?

状態が悪いものやノーブランドで買取りを断られてしまった場合は、適切な方法で処分しましょう。

自治体に粗大ごみとして出す

家庭ごみと処分できないゴミは粗大ごみとして処分できます。粗大ゴミは住んでいる地域によって異なるため、事前に確認しておきましょう。
直接問い合わせをして、コンビニで券を購入し、処分する物に貼り付けて指定の場所に置いておくといった流れになります。
大きいものである場合は、少し苦戦する作業になります。

買取り業者の無料引き取り

査定で買取りができないと断られた場合でも、ものによっては無料で引き取りにしてくれるケースがあります。
無料で引取りが厳しいものは、大きいもの。運搬する際に、解体作業が必要になるものは、無料引取りが厳しいでしょう。
買取や引き取りの基準は業者によって異なるため、一社でも多く査定依頼することが良いでしょう。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+買取りセットプラン」がおすすめです!

・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで買取り商品を使用したい
・引越しと商品買取りを一緒に済ませたい

という方は、引越しと商品買取りが同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

【買取りできない品でも回収します!】
弊社では不用品回収サービスを行っていますので、ご希望の際は、買取りができない商品・その他処分に困っている不用品をその場で回収させて頂きます。
専門サイトはこちら

 

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919