Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/bucket0707/seikatsuresukyutai.com/public_html/wp-content/themes/newmiraitemp/header.php on line 127

不用品を大量に売ると税金がかかるの?不用品と税金の関係とは

最近は不用品をネットオークションで売る人も多くなってきました。

というのも、メルカリやヤフーオークションといった、初心者でも簡単に利用できる手段が誕生したからです。

しかし、ネットオークションで多くの利益を上げている人は、税務署の調査を受け、税金を納めなければならない場合があります。
そこで今回は、不用品を売ることで発生する税金について紹介していきます。

□ 税金がかかる所得

一般的に、給料の他に20万円以上の副収入が入った場合、その収入は所得とみなされ、課税対象になります。

そのため、確定申告を行う必要があるのです。税金がかかる所得の種類には以下のものがあります。

・給与所得・・・一般的な会社やパート社員
・事業所得・・・個人事業主
・不動産所得・・・マンションや貸事務所・駐車場などの不動産のオーナー
・譲渡所得・・・株や金融商品などの売買(譲渡)
・雑所得・・・フローマーケットやアフィリエイト、ネットオークションの収入

リサイクルショップやオークションなどで販売した場合の収入は、この「雑所得」にあてはまるように思われます。

しかし、基本的に自分の家にある不用品をリサイクルショップやネットオークションで売っても、それは課税対象にはならないのです。

たとえ20万円以上の収入があっても確定申告をする必要はありません。

例外としては、骨董品や、貴金属、絵画などは、単価30万円以上になると課税対象となるので注意しましょう。

元々転売目的で商品をまとめ買いしていた場合や、長年にわたって多くの利益を上げている場合も、事業経営の所得とみなされ、税金を求められる可能性があります。

これらを念頭において、自宅にある不用品を売ることを考えてみてはいかがでしょうか。

  • 出張見積もり
    無料
  • 9時〜21
    365対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!